けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

2013年10月

4馬身差の真意は?(天皇賞・秋回顧)

ジャスタウェイ圧勝。
ジェンティルドンナ、エイシンフラッシュ以下を抑え、鬼脚級のスピードで突き抜けた。

元々、良い脚を使う追い込み馬として定着していたが、
いつも後方から進むために、後一歩のところで届かなかった。

その印象が一気に晴れたかのような勝ち方。
4馬身差は絶対的な着差であり、もしオルフェーブルが出ていても、
どうなっていたかわからないくらいの強さだった。

調教のかけ方からといい、本格化を迎えたといってもいいだろう。

おそらく、次走はジャパンカップだろうが、
個人的には、ジャパンカップよりもマイルチャンピオンシップに行ってほしい。
京都の外回り、外からの一気ざし。デュランダルなみの切れ味を期待したい。
種牡馬としての価値もそのほうが高まるのではないかと思う。

トウケイヘイローは、やはりあんなもの。
この後は持ち場に帰って、マイルあたりの逃げ馬として活躍してほしい。
また、ダートも見てみたい。血統的背景から、歴史的名馬になれるかも。

スタート直後からかかっていたのが原因か、
ジェンティルドンナは休み明けとはいえ、直線は昨年ほどの伸びがなく、今後に少し不安。
ジャパンカップに巻き返しを期待したいが、変にスタートを決めないほうがいいかもしれない。

エイシンフラッシュは息の長い活躍。今日に関しては、あれが精一杯。
メンバー的にも仕方ないだろう。
これからも、1.5流馬として、G1戦線で活躍してほしい。あまり人気にならないタイプなので、妙味もありそう。


まあ、でも、とにかく、いい天気で、ビールが美味しく、とても楽しかった。それに尽きる。








条件悪化、トウケイヘイロー消し(天皇賞・秋予想)

本当に気持ちのいい、台風一過の朝。
昨日は夜も雨がぱらついていたので心配したが、
絶好の競馬日和ですね。

●馬場
昨日は各馬、内側を空けてのレースが目立ったが、今日は府中名物、雨上がりの内伸び馬場か。
すると、もともと内枠有利の東京2000。ますますその傾向が強くなるかも。
好位の内側で脚をためる馬が有利か。

●血統
馬場回復により、重馬場が苦手な血統も問題なさそう。
切れ味勝負のジェンティルは有利に、逆に重馬場歓迎のトウケイヘイローは割引に。

●レース展開
トウケイヘイローがどのぐらいのペースでいくかがカギ。そこは逃げの巧い武豊。
飛ばしすぎず、絶妙のひきつけ逃げで後続に脚を使わせるだろう。
前半1000mは58秒前半か。十分差し足も届く展開になる。


●結論
◎エイシンフラッシュ
○ジャスタウェイ
▲トゥザグローリー
△ヴェルデグリーン
△ジェンティルドンナ
△コディーノ
△ダノンバラード


トウケイヘイローの取捨が天皇賞のテーマ。そして、見解としては消し。
東京の長い直線。これまでの右回り、直線の短いコース。今回は勝ってきた条件、それとメンバーが違う。
逃げの巧い武豊とて、残り100mで失速するだろう。
すると、差し足も届くペースで流れる展開。すると、一番手にあがるのがエイシンフラッシュ。
内で脚をためるには絶好の枠に入った。3着以内は固いとみる。
前走勝ったために、人気になったのがつらいwww。

相手は毎回確実に脚をつかうジャスタウェイをあげたい。
調教をみてても、絶好調で、展開も向くはず。
前走見せ場たっぷり。寒くなって調子をあげる、良血トゥザグローリーも狙いたい。

ジェンティルドンナは、人気と休み明けを加味すると、素直には取り上げにくい。
だが、3着以内をはずす姿も想像しにくく
エイシンとの2頭軸、相手にエイシンとトゥザにしぼった馬券を抑えたい。


買い目は今回絞ります。

三連複
6-4,7-1,4,7,9,16,17

9点500円


三連複
6,9-4,7

2点1000円







死角なしには要注意(スワンステークス回顧)

いやあ、参った。

前走G1休み明け4着、ベストの距離1400m、重馬場適性あり、得意の外枠、
買い材料の全てがそろったマジンプロスパー。


レース展開は、思惑通り、スローペースの先行好位付け。
好スタートから番手につけ、コパノリチャードを見ながらのレース。
向こう正面では同じ鞍上で、菊花賞を思わせる、楽勝のカタチ。
そして、もったまま最後の直線へ。

しかし。。

伸びない。コパノリチャードとの距離が縮まらず、逆に開く展開。
2着はあるかと思ったが、最後にはほかの馬たちに差される始末。

困った。

今日の本命はかなり自信があった。人気馬嫌いの性分だが、今回の単勝3倍台は美味しいとさえ思った。
不可解にもほどがある。今日の予想が外れると、反省のしようがない。


コパノリチャードは、インタビューで浜中騎手がスピードを強調していたように、テンの速さは特筆もの。
今回は恵まれた部分もあったが、着差も十分で、来年のスプリント戦線の面白い存在になりそう。

ダイワマッジョーレは、適性からは短い1400mでも底力で2着。本番も楽しみになった。

サダムパテックも、58キロを背負いながら三着は十分。2連覇はさすがに厳しいかもしれないが、本番も3着ならありそう。

また、エーシントップも出遅れが響き、まともにレースをしていない。
パンパンの良馬場なら本番でも面白い存在だ。

渋った馬場×好位=人気でもマジンプロスパー(スワンステークス予想)

台風の影響で天候が気になった今週末。
予想よりも南の進路をとるようで、開催中止という最悪の結果は免れた。
しかし、東京は雨が降っていて、不良馬場。明日の天皇賞までどこまで回復するだろうか。

また、京都はすでに晴れているようで、
本日のスワンステークスまでの馬場状態の回復ぶりが気になるところです。

●スワンステークス

・馬場状態
完全回復とはいかないが、午前のレースの晴れっぷりを見ていると、
やや重または良まで回復する可能性もある。
渋った馬場を苦にしないタイプに越したことはないが、
重馬場適性は、そこまで気にしなくてもよさそう。

・血統
キンカメ×サンデーの切れそうな馬、アドマイヤセプターは軽視。
エーシントップも良馬場でこそのタイプ。今回は買わないつもり。


・レース展開
コパノリチャードの単騎逃げ濃厚。テイエムオオタカが続くか。
どちらにしろあまりペースは上がらなさそう。
好位ですすみ、直線抜け出すような馬を軸にしたい。


●結論
◎マジンプロスパー
○サンカルロ
▲レッドオーヴァル
△ダイワマッジョーレ
△ラトルスネーク
△コパノリチャード
△グランプリボス

人気でもこのメンバーならマジンプロスパーを信頼できる。
1400はベストの舞台で、渋った馬場も大丈夫。
3連複の軸として、不動。
相手は同じく1400得意のサンカルロ。
近走はあまり結果を出せていないが、去年の阪神カップの覇者。
重馬場も問題なく、今回のメンバーなら外から一気ざしが久々に見られそう。
レッドオーヴァルも前走負けているが、今回デムーロに乗り替わって巻き返しに期待。
短距離では、3歳牝馬ナンバー1。斤量を味方に、上位に食い込める。

買い目

三連複 1頭軸
13-1,5,9,10,11,12
200円ずつ

三連複 2頭軸
12,13-1,5,9,10,11
400円ずつ







G1レースだったのか?(菊花賞回顧)

いま、菊花賞のレースを何回も見てるんですが、
なんだろう、、、、

いやあ、レースがまったく面白くない。

3000mの長丁場なのに、
1周目で決まった隊列から動かず4角までそのまま。
期待したバンデも大逃げを打たず、
すぐにつかまるようなひきつけ逃げで、
着を拾うことを意識したような競馬。

ロードバイクレースのチームプレイのような動きで
みんなでエピファネイアを勝たせているように感じる。

途中からまくっていくとか、最初からマークするとか、大逃げ打つとか
各ジョッキーが負かしにいく姿勢が全然見られない。
あまりにも淡白でG1レースの様相を呈していなく、
馬券外れたのももちろん悔しいけれど、それよりも良いレースが見たかった。

でももちろん、そんなことしても、今日のエピファネイアは負けなかったと思う。
直線の伸びは一頭だけあきらかに違い、重馬場も得意な部類に入るほど対応できていた。
有馬記念に行くなら、十分勝負になる。そのくらい強かったのは強かった。




livedoor プロフィール
SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ