けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

セントライト記念2016予想+買ってはいけない・ローズステークス2016予想

【2016年重賞本命馬実績】
中山金杯◎ヤマカツエース・フェアリーS◎ビービーバーレル
シルクロードS◎ダンスディレクター・共同通信杯◎ディーマジェスティ
ダイヤモンド◎トゥインクル・フィリーズレビュー◎ソルヴェイグ
マーチS◎ショウナンアポロン・青葉賞◎ヴァンキッシュラン
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【
19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。 
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒
 
【11,12,8,53】(単勝回収率130%・複勝回収率91%)。
地方交流重賞は1点勝負で挑んでいます⇒現在5勝15敗(1返還) 回収率113%

TWITTERもやってます。良ければフォローしてください。
------------------------
こんにちは。

今日は東西の楽しみな2重賞の予想の前に、(昨日の更新は間に合いませんでしたが)
セントライト記念で買ってはいけない!はこの馬!
この馬⇒人気ブログランキングへ     

※現在30位くらい。けいば手帖のタイトル下に書いています 


理由は簡単になってしまいますが、輸送の際釘を踏むアクシデントがあったということ。「次につながれば」という陣営のコメントもあり、このコースへの適性はあれど(もともと調教動かないタイプだが)、調教を見ても伸びきれずもう一つの内容でした。現在3番人気ですし、絶対的なディーマジェスティがいるなら点数を控えるためにもここは切っておいた方が無難じゃないでしょうか。

では、それを踏まえて2重賞の予想へ。 続きを読む

ラジオ日本賞・オークランドRCT予想~1800mでパイロ産駒を嫌ってみるの巻~

【2016年重賞本命馬実績】
中山金杯◎ヤマカツエース・フェアリーS◎ビービーバーレル
シルクロードS◎ダンスディレクター・共同通信杯◎ディーマジェスティ
ダイヤモンド◎トゥインクル・フィリーズレビュー◎ソルヴェイグ
マーチS◎ショウナンアポロン・青葉賞◎ヴァンキッシュラン
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【
19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。 
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒
 
【11,12,8,53】(単勝回収率130%・複勝回収率91%)。
地方交流重賞は1点勝負で挑んでいます⇒現在5勝15敗(1返還) 回収率113%

TWITTERもやってます。良ければフォローしてください。
------------------------
こんにちは。

今日はいろいろ予定あって、早めの更新です。
続きを読む

ローズステークス2016で予想オッズ人気馬アットザシーサイドを買ってはいけない!

【2016年重賞本命馬実績】
中山金杯◎ヤマカツエース・フェアリーS◎ビービーバーレル
シルクロードS◎ダンスディレクター・共同通信杯◎ディーマジェスティ
ダイヤモンド◎トゥインクル・フィリーズレビュー◎ソルヴェイグ
マーチS◎ショウナンアポロン・青葉賞◎ヴァンキッシュラン
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【
19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。 
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒
 
【11,12,8,53】(単勝回収率130%・複勝回収率91%)。
地方交流重賞は1点勝負で挑んでいます⇒現在5勝15敗(1返還) 回収率113%

TWITTERもやってます。良ければフォローしてください。
------------------------
こんにちは。

最近はあまり競馬雑誌を買わなくなってきているのですが、今月は「競馬最強の法則」を購入。創刊25周年記念号でもあり、希しくも清水成駿さんの追悼号でもあり、なかなか読み応えがありました。

近年はレジャーやスポーツという雰囲気で打ち出されている競馬ですが、まだまだ鉄火場で反社会的イメージが強かった時代から、競馬予想界の第一線で活躍されてきた方。僕は、東スポの「馬単三国志」の連載でしかふれてきませんでしたが、それ以前の「1馬」時代の話が多く書かれていて、いかに競馬予想界でカリスマであったかを知ることができました。

1馬のコラム「スーパーショット」の切り抜きも掲載されていて、読むとまさに昭和の骨太な文筆家のそれという印象。改めてそういうタイプの人が、競馬評論家という枠だけでなく、作家業界全体でも少なくなりましたね。今更ながらですが、この秋の夜長に著書をいくつか読んでみたいなあ。みなさんも、興味があれば今月の最強の法則、ぜひ一読してみてください。

さて、金曜日ということで、「買ってはいけない!」です。

しかし、今週はこのコーナー難しいですね。。ローズSは桜花賞馬とオークス馬、セントライト記念は皐月賞馬、弥生賞馬が出走予定。どちらも固い決着になる気がしてなりません。

それでも、予想オッズを見てみるとそれぞれ意外な馬が人気になっていますので、今週は東西ともに書きたいと思います。

ローズステークスの「切ってはいけない!」と思う穴馬はこの馬
この馬⇒人気ブログランキングへ     

※現在30位くらい。けいば手帖のタイトル下に書いています 

・根拠
さんざん春からこの条件で買いたかった馬で、ローテーション的にも一度使われてきた分ほかの馬よりも一歩リードしています。内枠に入って足をためられれば、このメンバーでも3着に来れる資格はあります。ダート転向でもやれるとは思いますが、せっかくの舞台

では、本題へ。

ローズS2016で予想オッズ人気馬
アットザシーサイドを買ってはいけない!

その理由はこちら。
続きを読む

オーバルスプリント2016予想~ソルテとあの馬の馬連1点勝負~

【2016年重賞本命馬実績】
中山金杯◎ヤマカツエース・フェアリーS◎ビービーバーレル
シルクロードS◎ダンスディレクター・共同通信杯◎ディーマジェスティ
ダイヤモンド◎トゥインクル・フィリーズレビュー◎ソルヴェイグ
マーチS◎ショウナンアポロン・青葉賞◎ヴァンキッシュラン
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【
19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。  
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒
 
【11,12,8,53】(単勝回収率130%・複勝回収率91%)。
地方交流重賞は1点勝負で挑んでいます⇒現在5勝14敗(1返還) 回収率119%

TWITTERもやってます。良ければフォローしてください。
------------------------
こんにちは。

本日は地方交流重賞、オーバルスプリントが浦和競馬場ダート1400mを舞台に行われます。

今年の交流重賞はすべて1点勝負で挑んでいるのですが、現在成績はこちら!

現在5勝14敗(1返還) 回収率119%


一応まだ回収率100%は超えているものの、正直5月のかしわ記念以来当たっていません。。。

残り4か月、100%以上をキープすることはもちろん、まだまだ200%へ伸ばしていけるチャンスはあるので、頑張っていきたいと思います。

そして本日の予想はこうなりました!

 続きを読む

「デキより格」だった秋開幕の3重賞+そんなことより「真田丸」!

【2016年重賞本命馬実績】
中山金杯◎ヤマカツエース・フェアリーS◎ビービーバーレル
シルクロードS◎ダンスディレクター・共同通信杯◎ディーマジェスティ
ダイヤモンド◎トゥインクル・フィリーズレビュー◎ソルヴェイグ
マーチS◎ショウナンアポロン・青葉賞◎ヴァンキッシュラン
2015年の重賞勝負馬の通算成績⇒【
19,12,20,72】 (123戦中51戦で馬券圏内)。 
2016年の重賞本命馬の現在成績⇒
 
【11,12,8,53】(単勝回収率130%・複勝回収率91%)。
地方交流重賞は1点勝負で挑んでいます⇒現在5勝14敗(1返還) 回収率119%

TWITTERもやってます。良ければフォローしてください。
------------------------
こんにちは。

秋競馬が開幕したというのもあり、久々に週初めからの更新です。

いやぁ、「真田丸」面白いですね!!(※以下ネタバレ含みます。まだの方はご注意ください。)

先週の「犬伏の別れ」から、今週は「第二次上田合戦」。真田親子の物語の中でもっとも有名なエピソードでもあるので、実に見せ場たっぷりの2週間でした。とくに犬伏の別れなんか、信幸の大決断で決まるところが実に三谷さんらしい描き方。信幸へのこれまで厳しかったアタリを、ここで一気に覆しましたからね。「だまれ!小童」と言っていた室賀が、「あっぱれ!小童」と言っているのが頭をよぎったとか、そうでなかったとか。。ここらあたりは、前作の「真田太平記」とはいろいろと違っているので、比べてみると面白いですよ。youtubeに上がっているのでぜひ!

しかしながら、この2週間は想像以上にスピーディーな展開。秀吉の大阪編が結構長く感じた分、このエピソードを待ち望んでいたんですが、まさかたった2週間で終わってしまうとはね。。ちょっともったいない気がしました。でも、その分見応え十分。稲姫の勇敢な沼田籠城(後ろに構えていたお香とのバランスも凄くいいw)や、信繁の痛快な戸石城明け渡し作戦。ほかにも、昌幸の手紙に対して「怒っていいのか?」と問う秀忠がいたり、久々登場の小山田茂誠が笑顔で敵兵の首を掻っ切ったり、冷静な本田正信が鶏をむさぼったりw。シニカルでコミカルな三谷ワールド全開でした。

ただ、第二次上田合戦は、昌幸の最後の戦舞台なので、でもうちょっと綿密に描いてほしかったかな。。史実によると、もっといろいろと激しい籠城戦をやっていますしね。。そして、上田で足止めをくらった秀忠軍が関が原に間に合わない(これは、途中の川が増水したからという説もあります)という話なんですが、そこもとくになかったですしね。

かくして、天下分け目の大戦は佐助の一言で終わってしまい(これが一番インパクトありましたがスルーしますw)、気になる来週のタイトルは「信之」。知っている人は一発でわかると思うんですが、このタイトルが実に深いいい!兄の名前は確か「信幸」でしたよね。誤字じゃないですよ。なぜ「幸」が「之」になのか?ここが、肝なんです。大泉さんの神回になること間違いなし。来週もお見逃しなく!!

と、思ったよりもかなり真田丸の話が長くなりました。

先週の重賞回顧は、続きから。
続きを読む

livedoor プロフィール
SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ