けいば手帖(旧サイト)/新サイトはページ内のリンクから

競馬ブログ3年目。2016年も、去年好評だった人気馬の弱点をとりあげる「買ってはいけない」、人気薄馬の買いどころを探る「切ってはいけない」は続ける予定。また今年は馬券の種類を問わず、いろいろな買い方にチャレンジしていきます。どうぞお付き合いください。

渋った馬場×好位=人気でもマジンプロスパー(スワンステークス予想)

台風の影響で天候が気になった今週末。
予想よりも南の進路をとるようで、開催中止という最悪の結果は免れた。
しかし、東京は雨が降っていて、不良馬場。明日の天皇賞までどこまで回復するだろうか。

また、京都はすでに晴れているようで、
本日のスワンステークスまでの馬場状態の回復ぶりが気になるところです。

●スワンステークス

・馬場状態
完全回復とはいかないが、午前のレースの晴れっぷりを見ていると、
やや重または良まで回復する可能性もある。
渋った馬場を苦にしないタイプに越したことはないが、
重馬場適性は、そこまで気にしなくてもよさそう。

・血統
キンカメ×サンデーの切れそうな馬、アドマイヤセプターは軽視。
エーシントップも良馬場でこそのタイプ。今回は買わないつもり。


・レース展開
コパノリチャードの単騎逃げ濃厚。テイエムオオタカが続くか。
どちらにしろあまりペースは上がらなさそう。
好位ですすみ、直線抜け出すような馬を軸にしたい。


●結論
◎マジンプロスパー
○サンカルロ
▲レッドオーヴァル
△ダイワマッジョーレ
△ラトルスネーク
△コパノリチャード
△グランプリボス

人気でもこのメンバーならマジンプロスパーを信頼できる。
1400はベストの舞台で、渋った馬場も大丈夫。
3連複の軸として、不動。
相手は同じく1400得意のサンカルロ。
近走はあまり結果を出せていないが、去年の阪神カップの覇者。
重馬場も問題なく、今回のメンバーなら外から一気ざしが久々に見られそう。
レッドオーヴァルも前走負けているが、今回デムーロに乗り替わって巻き返しに期待。
短距離では、3歳牝馬ナンバー1。斤量を味方に、上位に食い込める。

買い目

三連複 1頭軸
13-1,5,9,10,11,12
200円ずつ

三連複 2頭軸
12,13-1,5,9,10,11
400円ずつ








G1レースだったのか?(菊花賞回顧)

いま、菊花賞のレースを何回も見てるんですが、
なんだろう、、、、

いやあ、レースがまったく面白くない。

3000mの長丁場なのに、
1周目で決まった隊列から動かず4角までそのまま。
期待したバンデも大逃げを打たず、
すぐにつかまるようなひきつけ逃げで、
着を拾うことを意識したような競馬。

ロードバイクレースのチームプレイのような動きで
みんなでエピファネイアを勝たせているように感じる。

途中からまくっていくとか、最初からマークするとか、大逃げ打つとか
各ジョッキーが負かしにいく姿勢が全然見られない。
あまりにも淡白でG1レースの様相を呈していなく、
馬券外れたのももちろん悔しいけれど、それよりも良いレースが見たかった。

でももちろん、そんなことしても、今日のエピファネイアは負けなかったと思う。
直線の伸びは一頭だけあきらかに違い、重馬場も得意な部類に入るほど対応できていた。
有馬記念に行くなら、十分勝負になる。そのくらい強かったのは強かった。





シンボリクリスエス×不良馬場=エピファネイアは消し(菊花賞予想)

菊花賞予想

●馬場状態
東京・京都・新潟、すべて雨模様。かなりの勢いで降り続けるらしく、
おそらくメイン前には、不良発表か。
雨のクラシックといえば、ロジユニヴァースのダービーが印象的だが、
そのくらいの泥んこ馬場と化す可能性も。

●レース展開
バンデとネコタイショウが逃げる展開。両馬とも湿った馬場での圧勝実績もあり、
大逃げをうつ可能性もある。
エピファネイアは終始、内を回りスタミナ温存。
雨の影響で、折り合い面の不安はなくなるかも。
ただ、切れ味を発揮出る馬場ではないのが不安。


●血統
今年は、菊花賞名物、ダンスインザダークが不在。
シンボリクリスエスは、1600~2000までの印象強く長距離適正疑問。
謎のオーソライズドは、モンジュー系、いかにも重馬場得意そう。


●結論

◎バンデ
○ラストインパクト
▲フルーキー
△ネコタイショウ
△サトノノブレス
△インパラトール
△ユールシンギング

ということで、圧倒的人気も、不安材料の多いエピファネイアは買わない。
重馬場得意そうで、逃げそうなバンデを本命に。
積丹特別は自らハイペースをつくり、圧勝。
無尽蔵のスタミナがあることを証明した。
玉砕覚悟であの競馬ができれば、馬場を考慮すると圧勝の場面もありえそう。
前走落鉄で度外視のラストインパクト、
レベル低いレースとはいえ、好内容のフルーキーが続く。

買い目

馬単
10-2,4,9,14,15,17
6点500円

3連複ボックス
2,4,10,14,17
10点200円



内博の騎乗ぷりに完敗。。(富士ステークス回顧)

まさか、前につけるとは・・・

あの競馬をされては、ほかの馬ではかなわない。
それほど、力をつけていることを証明された。
京都コースも合うので、マイルチャンピオンでは中心視できる。


本命リルダヴァルは直線前開かず。
外に持ち出して伸びてきたが、最後は脚が止まっており
力的にも足りなかった。
道中シャイニープリンスの位置につけていれば
馬券圏内もあったかもしれない。

ガルボは、この馬なりにがんばった。
休み明けを考えると、次走以降に期待できる。
マイルチャンピオンで負けて、また阪神カップで穴を開けてほしい。

リアルインパクトは位置取りよかったとはいえ強い内容。
本番でも抑えておきたい。

菊花賞は今のところ、ラストインパクトが気になる。
もっとも、エピファネイア以外を買う予定だが、
そこまで勝負する気もおきない。。。。

有無を云わさぬ、外国人(富士ステークス予想)

初投稿!


富士ステークス

◎リルダヴァル
○ガルボ
▲ダノンヨーヨー
△ブリッツェン
△エーシンミズーリ
△インパルスヒーロー
△ブレイスアトレイル
△ダノンシャーク


・馬場状態
どんより曇りのお天気。予報によると、雨は降らず、馬場はもちそう。
先週先々週と、内外のバイアスはなく、
ペースなりで、内も残り、外も差せる状態。

・レース展開
典型的な逃げ馬不在で、スローペース濃厚。
そうなると、先行、内枠が有利。
前に行くのは、ブリッツェン、ガルボあたりか。
リルダヴァル、ダノンヨーヨーあたりも前につきそう。

・血統面
馬場良好で、切れ味活かせるディープやタキオンが有利。

・結論
ダノンシャークの強さは認めつつ、
後ろから行く、差し馬には不利な展開とよみ、
今回は評価を下げてみる。

展開、血統ともに向きそうなリルダヴァルが本命。
そして買い要素は、なによりもリスポリ。
2年半ぶりの来日だが、
先週のメンディザバルしかり、やはり外国人は馬の能力を引き出し方が違う。
リルダヴァルは、近走は差のない競馬が続いており、
もうワンパンチをリスポリに期待する。

相手は、先行のガルボ。メンディザバルのダノンヨーヨーなどへ。
ブリッツェンの前残りにも注意。

買い目

3連複フォーメーション
3-1,11,15-1,2,5,9.11,14,15
15点200円

3連複2頭軸
3,11-1,2,5,9,11,14,15
6点500円

livedoor プロフィール
SNS
応援クリックお願いします。
ご意見募集中
記事検索
逆アクセスランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村
アクセスカウンター

    タグクラウド
    • ライブドアブログ